03-5719-3735 電話相談料:初回無料 面談相談料:初回無料、2回目以降は1時間5000円
お気軽にお問合せください。
営業時間
平日9:30~17:30

モラハラする相手と離婚するには

  1. 弁護士 押見和彦(目黒総合法律事務所) >
  2. 離婚問題に関する記事一覧 >
  3. モラハラする相手と離婚するには

モラハラする相手と離婚するには

■モラハラとは
モラハラとは、モラルハラスメントの略称であり、精神的な嫌がらせを意味します。「モラル」という言葉には道徳や品行という意味もありますが、モラハラにおいては、道徳的な側面で相手を非難する行為に限られず、その範囲を大きくとらえて、精神的な側面で相手を攻撃する行為と解されています。モラハラにあたるとされている行為の具体的な例としては、以下の通りです。
・なんでも気に食わないことがあると、相手のせいにして、必要以上に責め立てる
・話しかけても相手を無視する
・人格を否定するような言葉をかけたり、長時間にわたって説教をし続けたりする
・必要以上に相手の行動を制限する

●モラハラを理由に離婚することはできるか
それでは、モラハラを理由に離婚することはできるのでしょうか。離婚を成立させるためには、協議離婚・調停離婚・裁判離婚のいずれかによる必要があります。いずれの方法においても、モラハラは離婚の十分な理由となり得ます。そのため、モラハラを理由に離婚することは可能といえます。

一般的に、離婚の手段としてまず考えられるのは、夫婦間での話し合いにより離婚を成立させる「協議離婚」です。しかし、モラハラの加害者を相手に、離婚の話を切り出すことが難しい場合もありますし、相手がきちんと話し合いに協力してくれず、うまく話し合いが進む可能性は低いといえます。そのため、協議離婚は現実的とはいえません。その場合、「調停離婚」や「裁判離婚」を検討します。しかし、調停離婚も結局は夫婦双方の合意が必要となりますので、相手の合意が得られなければ、裁判離婚を目指すことになるでしょう。

裁判離婚において離婚を成立させるためには、離婚事由に該当することが要件となっています。離婚事由というのは、法律上「婚姻関係を継続し難い重大な事由」と定められています。そのため、モラハラがこの「婚姻関係を継続し難い重大な事由」に該当しなくてはなりません。しかし、これに該当すると裁判所から認定してもらうためには、モラハラがあったという事実を証明する必要があります。そのため、モラハラがあったことを証明する証拠を用意しておく必要があります。

モラハラは、肉体的な暴力のケースとは異なり、証明が難しいとされています。なぜなら、モラハラは精神的な暴力であり、肉体的な暴力とは違って身体の傷等、一見して分かる証拠が残らないからです。そこで、日常的に相手から言われたこと・されたことをメモしておいたり、スマホのメッセージを保存しておいたりすることで、証拠を収集しておきましょう。それに加えて、モラハラの様子を録音・録画することができれば、非常に有効な証拠となります。その際には、相手に知られないよう、十分に気を付けてください。

●離婚・モラハラに関するご相談は弁護士 押見和彦(目黒総合法律事務所)まで
弁護士 押見和彦(目黒総合法律事務所) は、東京・埼玉・神奈川など多くの方のご相談を承っております。ご相談者様が新たな一歩を踏み出せますよう、豊富な知識と確かな経験でお悩みの解決に尽力いたします。初回相談は無料でお受けいたしておりますので、お困りのことがございましたら、お気軽に当事務所までお問い合わせください。

弁護士 押見和彦(目黒総合法律事務所)が提供する基礎知識

  • 認知のメリットとデメリット

    認知のメリットとデメリット

    認知をした場合、戸籍上に父親の名前が載ることになり、法的な親子関係が結ばれます。 これと同時に、親子関...

  • 再婚したら養育費は免除できるか

    再婚したら養育費は免除...

    協議離婚にせよ裁判離婚にせよ、離婚をする際には子の親権者・養育費・面会交流の定めなどを決める必要があり...

  • 認知に関る相談を弁護士に依頼するメリット

    認知に関る相談を弁護士...

    認知(任意認知)は基本的には、認知する親(相手)の意思に基づいて行われますが、どうしても相手が認知に応...

  • 面会交流権

    面会交流権

    子どもと一緒に暮らしていない親が子どもと会う権利のことを面会交流権といいます。具体的には特定の日時に子...

  • 離婚とお金

    離婚とお金

    離婚時には、慰謝料、財産分与、養育費、住宅ローン、婚姻費用分担請求、年金分割などのお金に関することがト...

  • 父親から暴力を受けている方へ

    父親から暴力を受けている方へ

    父親から暴力を受けている方にお伝えしたいのは、一人で抱え込まず、相談してほしいということです。父親から...

  • 養育費の範囲

    養育費の範囲

    養育費とは、具体的に何を指すのでしょうか。そして、どこからどこまでが養育費の範囲として支払われる対象な...

  • DV防止法の分かりやすい解説

    DV防止法の分かりやすい解説

    ■DVとは DVとは、ドメスティックバイオレンスの略称であり、日本語では家庭内暴力と訳されることが多い...

  • 強制認知にかかる費用やメリット・デメリット

    強制認知にかかる費用や...

    ●強制認知にかかる費用やメリット・デメリット ■強制認知とは 子供の父親が任意に認知をしない場合に、子...

よく検索されるキーワード

ページトップへ