03-5719-3735 電話相談料:初回無料 面談相談料:初回無料、2回目以降は1時間5000円
お気軽にお問合せください。
営業時間
平日9:30~17:30

息子や娘からのDV(家庭内暴力)にお悩みの方へ

  1. 弁護士 押見和彦(目黒総合法律事務所) >
  2. DVに関する記事一覧 >
  3. 息子や娘からのDV(家庭内暴力)にお悩みの方へ

息子や娘からのDV(家庭内暴力)にお悩みの方へ

DV(家庭内暴力)と聞けば、親から子どもに対するものや、パートナーから受けるものなどを想像される方が多いと思います。
しかし、近年では息子や娘など子どもからのDV被害が増えています。
その背景として、在宅介護が進んでいることが挙げられます。
介護による精神的な疲労から、DVが発生するといったケースは少なくありません。
また、介護以外の理由からでも、家庭内暴力が発生していることがあり、家庭内で起きているという事情から発見が遅れるといった特徴があります。

DVには、暴力といった身体的虐待以外にもさまざまなケースが該当します。
具体的には、ネグレクト、心理的虐待、性的虐待、経済的虐待といった種類があります。
ネグレクトとは、介護や生活の世話を行う必要のある親に対して、それを放棄しているケースを指します。
心理的虐待とは、脅したり、侮辱したりすることで、相手の尊厳を傷つける行為のことを指します。
他にも、無視や日常的な嫌がらせが該当します。
性的虐待とは、お互いの合意がない状態で、性的な行為をすることやそれを強要することを指します。
経済的虐待とは、本人の財産を勝手に処理したり、生活に必要な経済的支援を行わないことを指します。

このように、DVにはさまざまな種類があります。
そのため、自身ではDVであると気がつかないことも少なくありません。
上記のようなケースに該当している場合には、迅速に対応する必要があり、DV被害でお困りの際は弁護士に相談することをおすすめします。
弁護士に相談することで、経験と専門的な知見から迅速な解決へと繋がります。
解決への一歩として、まず相手と距離を取るために、シェルター等に一時避難を行う対応が挙げられます。
そして、その後具体的にどのような方針を取るべきか提案することが可能です。

目黒総合法律事務所は、目黒区を中心に、東京都、神奈川県、埼玉県で幅広く活動しております。
電話相談及び面談相談は初回無料で承っております。
DV(家庭内暴力)でお困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。

弁護士 押見和彦(目黒総合法律事務所)が提供する基礎知識

  • 離婚問題を弁護士に依頼するメリット

    離婚問題を弁護士に依頼...

    離婚問題を弁護しに依頼するメリットとしては、直接の話し合いを避けられる点、訴訟代理や法的サポート、書類...

  • モラハラする相手と離婚するには

    モラハラする相手と離婚...

    ■モラハラとは モラハラとは、モラルハラスメントの略称であり、精神的な嫌がらせを意味します。「モラル」...

  • DVによる離婚の慰謝料相場はいくら?

    DVによる離婚の慰謝料...

    DVによる離婚の場合、慰謝料相場は50万円から300万円程と言われています。DVと聞くと身体的暴力を想...

  • 財産分与

    財産分与

    結婚してから夫婦双方の収入によって貯めてきた財産を「共有財産」といいます。離婚の際、この共有財産を公平...

  • 親権と監護権

    親権と監護権

    ■親権 「親権」は、「身上監護権」と「財産管理権」の二つの権利のことをいいます。 「身上監護権」とは、...

  • 養育費を増額請求できるのか

    養育費を増額請求できるのか

    養育費が、子どもの育児をするための費用として実態が合わなくなってきた場合、養育費の増額請求が出来る場合...

  • 再婚したら養育費は免除できるか

    再婚したら養育費は免除...

    協議離婚にせよ裁判離婚にせよ、離婚をする際には子の親権者・養育費・面会交流の定めなどを決める必要があり...

  • 住宅ローン

    住宅ローン

    住宅ローンの支払期間は30年以上に及ぶこともあるので、離婚するときにはまだローンが残っているケースが多...

  • 父親が親権を獲得できる条件とは

    父親が親権を獲得できる...

    離婚をするとき、子どもがいれば親権をどちらが有するか決しなければなりません。親権とは、子の利益のために...

よく検索されるキーワード

ページトップへ