03-5719-3735 電話相談料:初回無料 面談相談料:初回無料、2回目以降は1時間5000円
お気軽にお問合せください。
営業時間
平日9:30~17:30

DV問題に関する相談は弁護士に依頼するメリット

  1. 弁護士 押見和彦(目黒総合法律事務所) >
  2. DVに関する記事一覧 >
  3. DV問題に関する相談は弁護士に依頼するメリット

DV問題に関する相談は弁護士に依頼するメリット

DV被害を受けている方の中には、被害の内容などから、なかなか他人には相談できないという方が多くいらっしゃいます。
しかし、DVという繊細な問題だからこそ、弁護士にご依頼いただきたいと強く願っています。

DV問題に関する相談を弁護士にご依頼いただくことには、以下のメリットがあります。

■今後どのような手順で解決を目指すべきかをアドバイスできる
DV被害に遭われている方は、多くの場合、これからどう行動すれば事態が解決するか分からない、というお悩みをお持ちです。
特に、DV加害者にモラハラを受けている場合では、被害者の方が「悪いのは暴力を受けている自分」と思い込んでしまっているケースが少なくありません。
しかし、弁護士にご相談いただくことができれば、客観的な視点からアドバイスをさせていただくことができます。

■DV加害者と直接やり取りする必要がない
DV被害者の方は、DV加害者に対し、恐怖感や危機感を感じていらっしゃることがほとんどです。そのような場合、直接顔を合わせて話し合いを進めることは、被害者の方に多大な苦痛をもたらしてしまうでしょう。
しかし、弁護士が代役となって話し合いを進めることで、被害者の方のご負担を最小限に留めることができます。

■保護命令申し立てなど、より法律的な解決方法を迅速に選択できる
保護命令とは、「配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律」(通称「DV法」)によって定められたもので、DV加害者に接近禁止などの措置を講じることが可能になります。
弁護士にご相談いただくことができれば、こういった法律的な手段を選択することも、早い段階から視野に入れることができます

■スムーズに裁判へと進むことができる
DVによる離婚を成立させる場合、DV加害者が納得せず、調停離婚や裁判離婚に発展する可能性があります。
そのような場合であっても、裁判で勝訴するための証拠集めなど、早い段階からお客様のためになる行動を取ることができます。
また、場合によっては慰謝料の請求なども可能になります。

このように、DV被害を弁護士にご相談いただくことには多くのメリットがあります。
お一人でお悩みを抱え込むのではなく、まずは弁護士にご相談をお寄せいただくことを、強くおすすめいたします。

弁護士 押見和彦(目黒総合法律事務所)は、DVでお悩みのお客様に寄り添い、お客様のよりよい未来のために尽力します。
東京都、埼玉県、神奈川県にお住まいの方を中心に、新潟県、静岡県、大阪府にお住まいのお客様のお悩みにも広くお応えしております。
DVでお悩みの方は、お気軽にご相談をお寄せください。

弁護士 押見和彦(目黒総合法律事務所)が提供する基礎知識

  • 親権と監護権

    親権と監護権

    ■親権 「親権」は、「身上監護権」と「財産管理権」の二つの権利のことをいいます。 「身上監護権」とは、...

  • 不倫相手の妊娠が発覚した場合にとる行動

    不倫相手の妊娠が発覚し...

    ご自身の不倫相手を妊娠させてしまった場合、どのように対処すべきかという問題は、非常に複雑で深刻なお悩み...

  • 養育費はいつまでもらえるか - 養育費の期間

    養育費はいつまでもらえ...

    養育費はいつまでもらえるのか、確認してみましょう。 ■養育費の性質 養育費は、民法766条に定める...

  • 離婚の種類と手続き

    離婚の種類と手続き

    離婚をするためには、市町村役場の窓口にて、離婚届を提出する必要があります。離婚届けを作成するには、夫婦...

  • 離婚問題を弁護士に依頼するメリット

    離婚問題を弁護士に依頼...

    離婚問題を弁護しに依頼するメリットとしては、直接の話し合いを避けられる点、訴訟代理や法的サポート、書類...

  • 婚姻費用分担請求

    婚姻費用分担請求

    「婚姻費用」とは,別居中の夫婦の生活費や養育費などの婚姻生活を維持するために必要な費用のことをいいます...

  • 養育費とは

    養育費とは

    養育費とは、別居している親が子の生活・成長にかかる費用を金銭の形で分担するものです。 ■養育費 離...

  • 経済的DVを理由に離婚するには

    経済的DVを理由に離婚...

    ■DVとは DVとは、ドメスティックバイオレンスの略称で、日本語にすると「家庭内暴力」のように訳されま...

  • 認知はいつからいつまでできる?

    認知はいつからいつまで...

    認知をすると、法的な親子関係が結ばれ、新たに様々な権利義務が発生します。 もっとも、認知はいつからいつ...

よく検索されるキーワード

ページトップへ