03-5719-3735 電話相談料:初回無料 面談相談料:初回無料、2回目以降は1時間5000円
お気軽にお問合せください。
営業時間
平日9:30~17:30

経済的DVを理由に離婚するには

  1. 弁護士 押見和彦(目黒総合法律事務所) >
  2. DVに関する記事一覧 >
  3. 経済的DVを理由に離婚するには

経済的DVを理由に離婚するには

■DVとは
DVとは、ドメスティックバイオレンスの略称で、日本語にすると「家庭内暴力」のように訳されます。DVと聞くと、殴る・蹴るといった物理的に苦痛を与える暴力を想像される方が多いと思います。しかし、DVはそのような肉体的暴力に限られません。例えば、「経済的DV」と呼ばれるDVが存在します。ここでは、あまり広くは知られていない経済的DVについて、分かりやすく解説していきます。

●経済的DVとは
経済的DVとは、パートナーから金銭面や経済面において不自由させるというDVの一種です。経済的DVをされると、金銭的な事由を奪われ、パートナーに完全に支配されてしまいます。一方的に相手の支配下におかれてしまうことで、相手に依存せざるを得なくなります。しかし、経済的DVにおいて多くの場合、被害者が経済的DVを受けていることに気づかないことが多いのが現状です。以下のような行為をパートナーから受けている場合には、経済的DVにあたると考えられますので、ぜひ参考にしてみてください。
・収入が十分にあるのに、生活費に不十分な額しか渡してもらえない
・パートナーだけが浪費している
・勝手に自分の預貯金を使われている
・知らないうちに借金を負わされている

●経済的DVを理由に離婚することはできるか
先ほど紹介したような行為を受けている方、それによって不自由な思いをされている方は、経済的DVの被害を受けていると考えるべきです。なかには、経済的DVによって苦痛を受け、配偶者と離婚したいと考える方もいらっしゃるでしょう。では、経済的DVを理由に離婚することは可能なのでしょうか。

答えは、もちろん離婚をすることはできます。しかし、相手が離婚を拒み、裁判になった場合には、確実に離婚できるかは分かりません。裁判で離婚を成立させるためには、経済的DVがあったことを証明できるような証拠を準備しておき、それを提出することで経済的DVの存在を立証していきます。

●離婚に向けた一連の流れ
経済的DVを理由に離婚する場合、どのような手続きをすればいいのでしょうか。
離婚の方法としては、話し合いによる協議離婚、離婚調停による調停離婚、裁判による裁判離婚が考えられます。基本的には、話し合いによりお互いが納得できれば、協議離婚が成立します。しかし、話し合いで決着がつかない場合には、調停離婚や裁判離婚での離婚を目指すことになるでしょう。

●DV問題に関するご相談は弁護士 押見和彦(目黒総合法律事務所)まで
弁護士 押見和彦(目黒総合法律事務所) は、東京・埼玉・神奈川など多くの方のご相談を承っております。ご相談者様が新たな一歩を踏み出せますよう、豊富な知識と確かな経験でお悩みの解決に尽力いたします。初回相談は無料でお受けいたしておりますので、お困りのことがございましたら、お気軽に当事務所までお問い合わせください。

弁護士 押見和彦(目黒総合法律事務所)が提供する基礎知識

  • 認知とは

    認知とは

    ■認知とは 認知とは、婚姻関係にない男女から生まれた子どもを父または母(一般的には母)が自身の子である...

  • モラルハラスメント(モラハラ)が原因で離婚するには

    モラルハラスメント(モ...

    モラルハラスメント、通称「モラハラ」とは、加害者が被害者に対し、言葉や態度などによって精神的な暴力をふ...

  • 離婚とお金

    離婚とお金

    離婚時には、慰謝料、財産分与、養育費、住宅ローン、婚姻費用分担請求、年金分割などのお金に関することがト...

  • 婚姻費用分担請求

    婚姻費用分担請求

    「婚姻費用」とは,別居中の夫婦の生活費や養育費などの婚姻生活を維持するために必要な費用のことをいいます...

  • 認知はいつからいつまでできる?

    認知はいつからいつまで...

    認知をすると、法的な親子関係が結ばれ、新たに様々な権利義務が発生します。 もっとも、認知はいつからいつ...

  • 不倫相手の妊娠が発覚した場合にとる行動

    不倫相手の妊娠が発覚し...

    ご自身の不倫相手を妊娠させてしまった場合、どのように対処すべきかという問題は、非常に複雑で深刻なお悩み...

  • 養育費を多くもらうためには

    養育費を多くもらうためには

    養育費を多くもらうためには、事前に養育費について知って、準備をしておくことが重要です。 ■相手の年収...

  • 父親が親権を獲得できる条件とは

    父親が親権を獲得できる...

    離婚をするとき、子どもがいれば親権をどちらが有するか決しなければなりません。親権とは、子の利益のために...

  • 息子や娘からのDV(家庭内暴力)にお悩みの方へ

    息子や娘からのDV(家...

    DV(家庭内暴力)と聞けば、親から子どもに対するものや、パートナーから受けるものなどを想像される方が多...

よく検索されるキーワード

ページトップへ