03-5719-3735 電話相談料:初回無料 面談相談料:初回無料、2回目以降は1時間5000円
お気軽にお問合せください。
営業時間
平日9:30~17:30

離婚問題を弁護士に依頼するメリット

  1. 弁護士 押見和彦(目黒総合法律事務所) >
  2. 離婚問題に関する記事一覧 >
  3. 離婚問題を弁護士に依頼するメリット

離婚問題を弁護士に依頼するメリット

離婚問題を弁護しに依頼するメリットとしては、直接の話し合いを避けられる点、訴訟代理や法的サポート、書類作成を依頼できる点があります。

■直接にやり取りせずに済む
離婚に向けての話し合いでは、相手と顔を合わせると感情的になってしまったり、やり取り自体がストレスとなってしまったりすることがよくあります。そうしたケースでは、弁護士に離婚交渉や調停・裁判を依頼することで、相手との直接のやり取りを回避することができます。弁護士への依頼には、第三者を介在させるという点でも意義があります。

■訴訟に対応できる
いくつかの法律家の種類の中でも、離婚調停や離婚裁判での代理や養育費の差し押さえ手続きを行うことができるのは、弁護士だけです。また、司法書士・行政書士は離婚に伴う法律相談や離婚協議書の作成を行うことはできますが、140万円以上の慰謝料請求や養育費、親権の交渉は弁護士にしかできません。

こうした点で、弁護士はすべての離婚問題に対応できる法律家なのです。様々な種類の法律家をつなぐワンストップサービスを利用するという手段もありますが、最初から弁護士に頼めば、費用を抑えることができます。

■法律的なサポートを任せられる
離婚に関する諸条件を決定する際には、法律知識を活用することが大切になります。例えば、慰謝料や養育費の相場がわからない、法定離婚事由に該当するか否かの判断がわからないという場合に、実務経験の豊富な弁護士の助言が役立ちます。

■書類作成を依頼できる
離婚が成立するまでに、離婚協議書や訴状、準備書面など、書類を作成しなければならない場面が多々あります。これらの書類の作成を弁護士に依頼することで、時間と手間を省くだけでなく、より間違いのないものを作成することができます。

弁護士 押見和彦は、東京都目黒区にて法律相談を承っております。養育費の相場がわからない、慰謝料を請求したい、住宅ローンが残っており財産分与に困っているなど、離婚に関わる法律問題でお悩みの方はお気軽にご相談ください。初回相談無料にてお悩みにお答えします。

弁護士 押見和彦(目黒総合法律事務所)が提供する基礎知識

  • 養育費を多くもらうためには

    養育費を多くもらうためには

    養育費を多くもらうためには、事前に養育費について知って、準備をしておくことが重要です。 ■相手の年収...

  • 養育費を増額請求できるのか

    養育費を増額請求できるのか

    養育費が、子どもの育児をするための費用として実態が合わなくなってきた場合、養育費の増額請求が出来る場合...

  • 住宅ローン

    住宅ローン

    住宅ローンの支払期間は30年以上に及ぶこともあるので、離婚するときにはまだローンが残っているケースが多...

  • 養育費はいつまでもらえるか - 養育費の期間

    養育費はいつまでもらえ...

    養育費はいつまでもらえるのか、確認してみましょう。 ■養育費の性質 養育費は、民法766条に定める...

  • モラルハラスメント(モラハラ)が原因で離婚するには

    モラルハラスメント(モ...

    モラルハラスメント、通称「モラハラ」とは、加害者が被害者に対し、言葉や態度などによって精神的な暴力をふ...

  • 認知したら戸籍にはどう記載されるのか

    認知したら戸籍にはどう...

    婚姻していない女性が産んだ子の父が誰であるのかについては、母親は自分で子を分娩・出産しているのに対して...

  • 年収600万の養育費の相場とは

    年収600万の養育費の...

    離婚の際、お子様の養育のために発生する費用が「養育費」です。 個別の事例によって金額に幅がある慰謝料と...

  • 隠し子を認知する時の留意点

    隠し子を認知する時の留意点

    ●隠し子を認知する際の留意点 ■認知(任意認知)とは 父親が子供を自分の子であると承認し、法律上の親子...

  • 審判離婚

    審判離婚

    審判離婚とは、調停離婚が不成立となった場合に、裁判所が職権で離婚を命じる審判により、離婚することを言い...

よく検索されるキーワード

ページトップへ