03-5719-3735 電話相談料:初回無料 面談相談料:初回無料、2回目以降は1時間5000円
お気軽にお問合せください。
営業時間
平日9:30~17:30

年収300万の養育費の相場とは

  1. 弁護士 押見和彦(目黒総合法律事務所) >
  2. 養育費に関する記事一覧 >
  3. 年収300万の養育費の相場とは

年収300万の養育費の相場とは

養育費は、支払う側の年収によってその額が異なります。年収が300万円ある場合、養育費の支払い額はどの程度の額になるのでしょうか。
まずは養育費の基本的な知識について紹介し、そのあと、養育費の相場について解説していきます。

●養育費について
養育費とは、子どもと別居している側の親が、子どもの生活費や学費を経済的に援助するために支払うものです。親は、自分の子どもの監護権者として養育費を支払う義務があり、子どもは養育費をもらえる権利を有しています。
また、養育費を支払う時期は、子どもが「未成熟子」と呼ばれる、経済的に自立していない時期とされています。たいていの場合、子どもが未成年の時期は養育費を支払うことが多く、大学に進学した場合や、病気や障害などで特別に経済的な支援が必要な場合には、成人していても養育費の支払いが行われることがあります。一方、就職をしていて収入がある場合には、子どもが未成年でも養育費を支払わないケースもあります。
養育費は、このように長期にわたって支払いが行われますが、実はその支払い方法は2つあり、毎月定額を支払う方法と、支払い時期全部の合計額を一括して支払う方法があります。基本的には月々定額を支払うことが多く、継続的に必要となる費用という養育費の性格からしても、この方法が望ましいとされています。しかし、養育費を支払う側と受け取る側の合意があれば、養育費の一括払いも可能となります。

●養育費の相場について
支払う側の収入が年収300万円の場合、養育費はどの程度の額になるのでしょうか。
養育費の相場というのはだいたい決まっていて、それは「養育費算定表」というものを基準にしています。「養育費算定表」とは、義務者(養育費を支払う側)と権利者(養育費を受け取る側)の収入をベースにして構成されています。また、子どもの人数とその子どもたちの年齢によっても、割り出される養育費の額は異なり、それぞれ別の算定表が作られています。
ここでは、義務者の年収が300万円で、かつ子どもが1人いる場合に算定されている額をご紹介します。
まず、お子さんの年齢が0歳~14歳の場合には、養育費の相場は2万円~4万円です。権利者の収入がない場合や、義務者が自営業の場合には4万円~6万円になることもあるようです。また、お子さんの年齢が15歳以上の場合にも、養育費の相場は2万円~4万円です。義務者が自営業で、かつ権利者の収入が少ない場合には、4万円~6万円ないし6万円~8万円になることもあるようです。

このように、ある程度養育費の相場は決まっていますが、幅があります。当事務所にご相談いただければ、どのくらいの養育費が適切なのか、皆さまにあった形でご提案いたします。お困りの際には、ぜひ目黒総合法律事務所までお気軽にお問い合わせください。

弁護士 押見和彦(目黒総合法律事務所)が提供する基礎知識

  • 養育費を増額請求できるのか

    養育費を増額請求できるのか

    養育費が、子どもの育児をするための費用として実態が合わなくなってきた場合、養育費の増額請求が出来る場合...

  • DVの定義

    DVの定義

    「DV」つまり「ドメスティック・バイオレンス」の定義は、いったいどのようなものでしょうか。 内閣府の...

  • 離婚後に養育費が支払われなくなった場合

    離婚後に養育費が支払わ...

    離婚後に養育費が払われなくなった場合、養育費の支払いを求める法的手段を用いることを検討します。 ■養...

  • 養育費の範囲

    養育費の範囲

    養育費とは、具体的に何を指すのでしょうか。そして、どこからどこまでが養育費の範囲として支払われる対象な...

  • 父親から暴力を受けている方へ

    父親から暴力を受けている方へ

    父親から暴力を受けている方にお伝えしたいのは、一人で抱え込まず、相談してほしいということです。父親から...

  • 子供の養育費

    子供の養育費

    離婚後における子どもの監護費用は、父母の間で分担します。子どもと別居するために監護者にならない親側が、...

  • 認知はいつからいつまでできる?

    認知はいつからいつまで...

    認知をすると、法的な親子関係が結ばれ、新たに様々な権利義務が発生します。 もっとも、認知はいつからいつ...

  • 養育費を多くもらうためには

    養育費を多くもらうためには

    養育費を多くもらうためには、事前に養育費について知って、準備をしておくことが重要です。 ■相手の年収...

  • 親権と監護権

    親権と監護権

    ■親権 「親権」は、「身上監護権」と「財産管理権」の二つの権利のことをいいます。 「身上監護権」とは、...

よく検索されるキーワード

ページトップへ