03-5719-3735 電話相談料:初回無料 面談相談料:初回無料、2回目以降は1時間5000円
お気軽にお問合せください。
営業時間
平日9:30~17:30

DVに関する記事一覧

  1. 弁護士 押見和彦(目黒総合法律事務所) >
  2. DVに関する記事一覧

DV

「彼氏から暴力を振るわれている」
「妻の暴言に心が壊れてしまいそうだ」
警視庁に寄せられるDVの相談件数は、年々増加していると言われています。
それはすなわち、今現在も多くの方が、DVの被害に悩んでいる状態にあるということ。
被害を誰にも相談できず、人知れず苦しみを抱えているという方も多くいらっしゃいます。

DVを受けている方が考慮すべき選択肢は、「別居」です。
DVは、その性質上、身体や精神に危害が及びかねないものです。それゆえ、物理的な距離を取ることで、まずは自分に危害が及ぶという事態を防ぐことができるのです。

その際、気を付けなければならないことは、「DV加害者に新しい住所を知られないようにすること」です。住所が知られてしまった場合、DV加害者が新しい住まいに押し掛け、暴行を加えたり、連れ戻そうとする可能性があるからです。

「とにかく別居を急ぎたい」「新たな住所をじっくり選んでいる余裕がない」。
このような場合、一時的な避難施設である「シェルター」を利用するという選択肢もあります。お住まいの自治体の配偶者暴力支援センターなどの相談機関に頼ることも、考慮に入れていただきたいと思います。

いずれにしても、今後どのような方針を選ぶべきか、どのように現状を改善すべきか等をお一人でご判断いただくのは、ご本人の大きな心理的負担になってしまいます。
DVでお悩みの方は、まず弁護士にご相談の上、今後の方針を決めていただくことをおすすめいたします。

弁護士 押見和彦(目黒総合法律事務所)は、DVでお悩みのお客様に寄り添い、お客様のよりよい未来のために尽力します。
東京都、埼玉県、神奈川県にお住まいの方を中心に、新潟県、静岡県、大阪府にお住まいのお客様のお悩みにも広くお応えしております。
DVでお悩みの方は、お気軽にご相談をお寄せください。

DVに関する基礎知識や事例

  • DVとはDVとは

    「DV」とは、「Domestic Violence(ドメスティック・バイオレンス)」という英語の略であり、直訳すると「家庭内暴力」を指します。 DV問題が深刻化しやすい背景は、「加害者が親しい...

  • DVの種類DVの種類

    DVには、どのような種類が存在しているのでしょうか。 「家庭内暴力」という直訳から、直接的な暴力をイメージされる方が少なくないのではないでしょうか。 しかし、決して直接的な暴力だけがDVに該当す...

  • DVの定義DVの定義

    「DV」つまり「ドメスティック・バイオレンス」の定義は、いったいどのようなものでしょうか。 内閣府のホームページによると、「明確な定義はないものの、日本では『配偶者や恋人など親密な関係にある、...

  • DV問題に関する相談は弁護士に依頼するメリットDV問題に関する相談は弁護士に依頼するメリット

    DV被害を受けている方の中には、被害の内容などから、なかなか他人には相談できないという方が多くいらっしゃいます。 しかし、DVという繊細な問題だからこそ、弁護士にご依頼いただきたいと強く願ってい...

弁護士 押見和彦(目黒総合法律事務所)が提供する基礎知識

  • 子供の養育費

    子供の養育費

    離婚後における子どもの監護費用は、父母の間で分担します。子どもと別居するために監護者にならない親側が、...

  • 強制認知にかかる費用やメリット・デメリット

    強制認知にかかる費用や...

    ●強制認知にかかる費用やメリット・デメリット ■強制認知とは 子供の父親が任意に認知をしない場合に、子...

  • 養育費の範囲

    養育費の範囲

    養育費とは、具体的に何を指すのでしょうか。そして、どこからどこまでが養育費の範囲として支払われる対象な...

  • 養育費を増額請求できるのか

    養育費を増額請求できるのか

    養育費が、子どもの育児をするための費用として実態が合わなくなってきた場合、養育費の増額請求が出来る場合...

  • 隠し子を認知する時の留意点

    隠し子を認知する時の留意点

    ●隠し子を認知する際の留意点 ■認知(任意認知)とは 父親が子供を自分の子であると承認し、法律上の親子...

  • 面会交流権

    面会交流権

    子どもと一緒に暮らしていない親が子どもと会う権利のことを面会交流権といいます。具体的には特定の日時に子...

  • 認知のメリットとデメリット

    認知のメリットとデメリット

    認知をした場合、戸籍上に父親の名前が載ることになり、法的な親子関係が結ばれます。 これと同時に、親子関...

  • 認知を「する」「しない」の違い

    認知を「する」「しない...

    認知とは、父親が生まれてきた子を、自身の子であることを認めることです。 すなわち、認知をすることで、戸...

  • 養育費はいつまでもらえるか - 養育費の期間

    養育費はいつまでもらえ...

    養育費はいつまでもらえるのか、確認してみましょう。 ■養育費の性質 養育費は、民法766条に定める...

よく検索されるキーワード

ページトップへ